吉田たかよし 公式プロフィール


略歴

灘中学・灘高校を卒業

東京大学工学部を卒業 (量子化学専攻)

東京大学大学院を修了 (分子細胞生物学専攻)

東京大学新聞研究所を修了(現・大学院情報学環)

 

この間、東大経済学部小林孝雄ゼミ(ミクロ金融理論)を修了

国家公務員上級経済職試験を2年連続で合格

  (経済企画庁内定辞退)

理科系にもかかわらず経済職試験で上位合格したため、メディア等で注目を集める。


NHKアナウンサー。

 ひるどき日本列島、きょうの料理、高校野球中継などを担当

 

北里大学医学部を卒業。
医師免許を取得。

(厚生労働省・医籍登録番号417066)

 

東京大学大学院医学研究科・医学博士課程修了。


加藤紘一元自民党幹事長の公設第一秘書として

           科学技術政策の立案に取り組む。

 

東京理科大学客員教授

 自律神経や脳機能に関する応用研究に従事

 

神戸大学学術研究員

 

 

 


現在

本郷赤門前クリニック院長

 受験生専門の心療内科クリニックを開設

 脳科学と医学の力で志望校への合格を完全サポート

 

受験医学研究所・代表

 脳への磁気刺激によって、受験生の集中力を向上させるプログラムを日本で初めて考案。

 30分の磁気刺激で入試当日の脳機能を高めることで、志望校への合格を目指す。

新宿ストレスクリニック顧問(受験うつ)

 TMS(磁気刺激治療)によって、うつ病を治療する専門クリニック。

 受験うつに対するTMS利用の啓蒙活動に従事。


人間情報学会理事ヘルスケア部会長

 世界最小の心電計の応用研究、脳の冷却研究に従事

 

日本メンタルヘルス研究センター・受験うつエグゼブティブフェロー

 

学習カウンセリング協会理事長

 受験生の父母や学習塾・予備校・中学・高校の教員に対し、適切な教育法の指導・普及に努めている。

 

元素カンファレンス代表

WIN主席研究員

国際カラーデザイン協会理事

DNAコミュニケーション研究フォーラム・代表

総務省ITC利活用遠隔医療研究・プロジェクトリーダー

 

本郷赤門前クリニックの紹介ビデオです。  

(所要時間、2分45秒)


 

資格

医学博士(東京大学大学院・医学博士課程修了)
医師免許

ニュ-ヨ-ク科学アカデミ-正会員
国家公務員上級経済職試験
   昭和62年10月、63年10月連続合格経済企画庁内定辞退)
国会議員政策担当秘書資格
潜水士(労働省)・小型船舶四級免許

研究活動

学会講演

 心臓機能の制御 人間情報学会(東京大学山上会館)」 2012年3月14日

 体温調節の医学 人間情報学会(東京大学山上会館)」 2011年12月12日

 

学会発表

 ・姿勢制御の自律神経機能への効果 「人間情報学会(東京大学山上会館)」 2011年9月6日

 

学術シンポジウム発表

 ・東京理科大学「研究部門シンポジウム(東京理科大学森戸記念館) 2011年7月12日

 

学会発表

 ・脳冷却による中枢機能への効果 「人間情報学会(東京大学新2号館)」 2011年6月15日

 

学会発表

 ・あがり症治療のための自律神経活動フィードバック 「人間情報学会(東京大学新2号館)」2011年6月15日

 

趣味

演劇
  東京大学在学中、野田秀樹氏にあこがれ、『劇団プレアデス』を旗揚げ。
  昭和58年11月には、駒場小劇場にて『ポセイドン仮面祭』を主演。
  調子に乗り俳優になろうと思ったが、大げさすぎる演技が直らず、断念。

テニス
  テニスサークル、『東大ローランギャロ』を設立、初代の部長を務める。
  たった4人で始めたが、3年間で部員数100名を越えるサークルに育てた。
  テニスのレベルは低いが、飲み会の盛り上がりは天下一品。
 
ダイビング
  ホンジュラス、ピーピ島、グレートバリアリーフなど世界の海を潜る。
  無謀にも嵐の海に潜り、溺れかけた事も。以後、心を改めて安全ダイバー。
  NHKで海底・生中継番組を企画するが、経費がかかりすぎるとお蔵入り。

秘境の旅
  バックパックを背負い、ニカラグア、ガテマラ、ラオスなど秘境を旅した。
  一泊500円の安宿に泊まり、現地の住民と触れ合った。
  どの国でも子供とお婆ちゃんには人気だが、若い現地女性と浮名は流せず。 

その他

好きな女優さん:  桐谷美玲さん。
好きな音楽:  「窓絵」 (熊木杏里さん)
          「もう一度」  (倉木麻衣さん)
好きな映画:  「ふたり」(大林宣彦監督)

医療機関としては日本で初めて、受験生を専門に扱うクリニックです。

 

・「うつ病」、新型うつ非定型うつ病、「ディスチミア親和型うつ病」・・・。

パニック障害、「全般性不安障害」・・・。

・「自己愛性パーソナリティー障害」、「境界性パーソナリティ障害」・・・。

・「社交不安障害」、「睡眠障害(入眠困難・中途覚醒・早朝覚醒)」・・・・。

・「高次脳機能障害」、「学習障害(LD)

・「注意欠陥・多動性障害(AD/HD)」・・・・。

 

こうした病気と闘いながら勉強や仕事に励んでいる方を、きめ細かな医療とカウンセリングで支えます。

 

受験生の場合は、治療によって、ただ症状が緩和されれば、それで充分というわけではありません。

こうした疾患に対する治療薬は、服用すると、「眠気」や「記憶力の低下」といった副作用が現れる場合が少なくないので、特段の注意が必要です。

合格を勝ち取るためには、病気の治療に、受験勉強と上手に両立を図る専門的な医学的配慮が求められます。

これは、一般的な保険診療では実現できません。

 

中学受験・大学受験・大学院受験・TOEFLTOEICなどの受験生の方。

司法試験・医師国家試験・国家公務員試験・税理士・行政書士など各種資格試験の受験生の方。

夢に向かってチャレンジしているあなたを、最新の医学や脳科学を駆使し、合格へ向けて徹底的にサポートするのが当院の使命です。

もう、お一人で悩まないでください。 

 

東京理科大学・客員教授

    「吉田たかよし研究日記」